MENU

第8回日本アミロイドーシス学会学術集会

プログラム(予定)

※延期後のプログラムについては、詳細が決定いたしましたら改めてご案内いたします。

幹事会

開会式・総会

教育講演

共催:Alnylam Japan 株式会社

シンポジウム1「アミロイド線維形成メカニズムから探る治療、予防戦略」

座長:樋口 京一(信州大学 バイオメディカル研究所 ニューロヘルスイノベーション部門)

演者:
 
S1-1
「TTRフラグメントで切り開く病態解明と新規治療薬の探索」
岡田 匡充(熊本大学大学院 生命科学研究部 脳神経内科学講座)
S1-2
「マウス老化アミロイドーシスの病態と予防法の解析」
宮原 大貴(信州大学 バイオメディカル研究所 ニューロヘルスイノベーション部門)
S1-3
「筋萎縮性側索硬化症に見られるタンパク質凝集のメカニズム」
古川 良明(慶應義塾大学理工学部)
S1-4
「ポリグルタミン蛋白質のプリオン様異常構造伝播」
小澤 大作(大阪大学大学院医学系研究科 神経難病認知症探索治療学寄附講座)

シンポジウム2「SAAとAAアミロイドーシス研究の動向」

座長:黒田  毅(新潟大学保健管理センター)

演者:
 
S2-1
「SAA分子の特徴とアミロイド原性」
田中 将史(神戸薬科大学)
S2-2
「SAA機能の多様性」
右田 清志(福島県立医科大学 リウマチ膠原病内科)
S2-3
「動物AAアミロイドーシスの病理と伝播」
村上 智亮(東京農工大学)
S2-4
「動物種間におけるSAA保存性と測定系」
旭  由香里(栄研化学株式会社 生物化学第一研究所)

シンポジウム3「今問題となる神経アミロイドーシスの病態と早期診断への挑戦」

座長:植田 光晴(熊本大学大学院生命科学研究部 脳神経内科学)

演者:
 
S3-1
「ドミノ肝移植後ATTRアミロイドーシスの臨床像」
三隅 洋平(熊本大学 脳神経内科)
S3-2
「ATTRアミロイドーシスの早期診断の実践」
増田 曜章(熊本大学 脳神経内科学講座)
S3-3
「肝移植後中枢ATTRアミロイドーシス」
関島 良樹(信州大学医学部脳神経内科、リウマチ・膠原病内科)
S3-4
「Aβ型脳アミロイドアンギオパチー」
坂井 健二(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 脳老化・神経病態学(脳神経内科学))
S3-5
「超音波装置HANABIを用いたアミロイド関連疾患の超早期診断法の樹立」
池中 建介(大阪大学医学部医学系研究科 神経内科)

ランチョンセミナー1「心アミロイドーシス」

共催:ファイザー株式会社

ランチョンセミナー2「インフラマソーム」

共催:栄研化学株式会社

スポンサード講演

共催:フィンガルリンク株式会社

ポスターセッション

閉会式

懇親会・優秀ポスター賞発表

このページの先頭へ